紫外線対策とシミの原因について

紫外線が多くなる季節、きちんとした紫外線対策がシミやしわのないきれいなお肌を維持する為にも必要です。

紫外線対策をする為には、紫外線がなぜしわやシミの原因になるのかについて理解しておくことをおすすめします。

しみやくすみの原因となるメラニン色素は、メラノサイトという細胞からつくられます。

このメラノサイトは、紫外線の波長に反応します。

メラニン色素が生成されると、肌に照射された紫外線はメラニン色素の黒い部分で遮られます。

お肌のために、メラニン色素はつくられているのです。

ただし、作られすぎたメラニン色素は皮膚に沈着しくすみやしみになることがあります。

肌はターンオーバーによって再生し、生まれ変わっていますが、肌が再生される際に使われたメラニンは一緒に外に排出されます。

メラニン色素が多すぎると、通常のターンオーバーでは排出されずに肌に残ってしまうことになり、シミの原因になっていまします。

皮膚のシミは、紫外線を浴びた直後にできるものではなく、時間が経過して肌の状態が落ち着いてから目立つようになります。

季節が夏から秋や冬に移り変わり、日焼けしいた肌の色が元に戻る頃になると、肌のシミがはっきりするようになります。

その時になってがっくりしないように、日頃から紫外線対策を十分にしておくことが重要です。

お肌が紫外線でダメージを受けることがないように、紫外線がさほど強くないように見える時から、きちんと対策を講じておくことが肌のためになります。

紫外線をカットして日焼け対策をする

紫外線対策で大切な事は、とにかく外出する際は紫外線に当たらないようにするという事です。

毎日家の中にこもっている事もできません。

外に行く時は、紫外線カット処理がされているサングラスや日傘、衣類などを使って、できるだけ紫外線を遮られるようにしておきましょう。

目で感知できないことが紫外線の厄介な点ですが、地表や建物からの反射でも体に届くことを考慮に入れておきましょう。

サングラスや帽子をしていても、地面からや、横から紫外線が顔に到達するという可能性はあるわけです。

皮膚に当たる紫外線の予防では、ちょっとしたことに対する対策も講じることが大事だといいます。

紫外線の対策には、紫外線をカットする日焼け止めなどを塗るということも効果的です。

顔などの紫外線対策をしっかりとしたい場所は、日に数回は塗り直す事も必要になります。

化粧崩れを直す機会がある人は、その時に日焼け止めクリームもつけ直すことによって、紫外線から皮膚をガードし続けることが可能です。

日焼け止めを購入する時は、SPFという紫外線を防ぐ強さに注目しましょう。

強い紫外線の下で活動する時はSPF50の日焼け止めクリームを使い、日常生活の中ではSPF20〜50の日焼け止めクリームを使うという使い分けも有効です。

常に紫外線の強さを気にかけ、細々とした対策をすることがポイントです。

紫外線対策に効果的な化粧品について

紫外線対策には浴びないようにするための対策と紫外線を浴びてしまった後の対策があります。

自分ではたくさん紫外線を浴びたつもりはなくても、家に帰ってみたら顔が赤くなっていたり、肌表面がひりひりしてしているという事はよくあることです。

肌に紫外線を浴びてしまった時に、皮膚のダメージを緩和する方法は何かないのでしょうか。

皮膚が強い紫外線を受けると赤みが増し、痛みが引かなくなることがあります。

多くの場合、赤みは一日程度でおさまります。

皮膚の赤みは、多少冷やしたくらいではそう簡単にはなくなりません。

日焼けの症状は、それ以後数日かけて、メラニン色素の増加になって明確になってきます。

紫外線対策で必要なのは、黒くなるまでの数日の間に美白化粧品などを使って、肌の炎症を抑えて、シミの原因を少しでも取り除くことです。

多くの美白化粧品には、抗酸化作用がある成分を含んでいます。

効率的な紫外線対策を講じたい場合は、美白成分の使われている化粧品を少し多めに使うことです。

夏が近くなると、各店舗では紫外線対策商品を集中的に扱う一角ができます。

紫外線から皮膚を遮るためのもの以外でも、日焼けをした後に肌につけるクリームやローションなどもあります。

紫外線を長時間肌に浴びて、肌がダメージを負ってしまったという時は、日焼けをした皮膚に使うクリームやスプレーを上手に使って、皮膚をいたわってあげるようにすると紫外線対策になります。